妊娠初期に子宮外妊娠が判明


好きな人の子供を産みたい。
そういう気持ちで妊娠を心待ちにしている人は多いと思います。

 

でも、妊娠初期には天国と地獄が混在します。
妊娠の陽性反応が出て、大喜びをしたけど、『子宮外妊娠』とわかり、天国から地獄へ突き落される人もいます。

 

子宮外妊娠になってしまうと、女性は卵管破裂の危険性が出てきますので、手術をしないといけない可能性も出てきます。
子供を産むための痛みであれば、我慢が出来ますが。

 

まさか子供を諦めるために手術の痛みを経験しないといけなくなってしまうなんて、女性にとってはショックですよね。
妊娠初期は、継続可能な正常妊娠か、継続不可能な異常妊娠かも判明する時期。

 

それによって、ショックなこともあれば、喜びで一杯の人もいます。
ただ、妊娠の陽性反応が出た段階では、何ともいえないので難しいですね。

 

妊娠の正しい判定は、最終的には、産婦人科の医師にしかできません。
妊娠検査薬で、自分がチェックできるのは、本当に微々たるものです。

 

嬉しい気持ちで産婦人科に行っても、子宮外妊娠の事実で、悲しみにくれる人もいますので、妊娠初期というのは、ドラマチックだなって思います。
やはり無事に子供が産めたことを、神様に感謝しないといけないと思います。